上尾を始め全国の交通事故治療に関する知っておくべき知識情報

医師

交通事故後はすぐに病院へ!

もし上尾で交通事故にあってしまったら、痛みや症状がなくてもまずは上尾の「病院」に行きましょう。接骨院や整骨院、整体ではなく、きちんと病院を受診しなければなりません。その時に痛みはなくても、もし脳内出血などが起こっていると、しばらく時間をおいたあとに突然症状があらわれて死に至るような可能性もあるのです。
そうならないためにも、上尾の病院でちゃんと医師に検査・診察・交通事故治療をしてもらうことが重要です。また、例えばむちうちのような症状があっても、受診が事故後数日たってからになってしまうと、相手方の保険会社が「事故と関係のない怪我だ」と因果関係を否定して治療費の支払いを拒否される可能性もあります。
以上の事から、交通事故にあったらまずは「病院の整形外科」を受診しましょう。入通院慰謝料は、交通事故によって受けた傷害対する慰謝料で、入院や通院する日数によって変わります。通常は入院・通院の期間が長ければ長いほど高額になります。
ですので、交通事故治療でなんとなく治ったからとか、面倒だからという理由で交通事故治療を途中で勝手にやめてしまうと、本来受け取れる額を受け取ることができなくなります。医師に言われたとおりにきちんと治療を継続し、治療が終了するまで通うことが必要になりますので注意しましょう。

事故にあってから完治するまで

上尾で横断歩道を歩いていると、突然上尾ナンバー車とぶつかってしまいました。上尾で買った傘を差していて、車が来ているのに気がつかず、避けることなくそのままぶつかってしまいました。警察を呼んで、現場検証をしてから交通事故治療の病院に向かいました。ムチウチ、肘腰打ち身と軽い症状でしたが、立ち仕事をしているので辛かったです。
事故なので、保険が使えず全額実費でかなり痛かったです。ですが、相手の交通事故治療保険会社から連絡が入り、次回の病院でお金が戻って来ました。それからは、通院しては、首肘腰をあたため、電気を流すという交通事故治療でした。だいたい待ち時間を合わせて、30分ほどで終わりました。
小さな整形外科だったので、治療中はたくさんの人たちと同じ場所で受けていました。ですが、腰の治療の時だけは、カーテンを張っていただいて、ベッドで横になって治療を受けていました。二週間ほどで、あざは消えましたが、なかなか痛みはとれず、だいたい3ヶ月間ほど通いました。
通院の際は、全部保険会社に清算していただいてたので、湿布など処方してもらっても、毎度自己負担はゼロでした。2ヶ月ほど経ってから、首も動かせるようになったので、あとは、様子見でしばらく通ってました。今は、後遺症もなく完治しています。

交通事故による後遺症と後遺障害の違い

後遺症は、上尾で交通事故で負傷する前は健康であったのに、交通事故で負傷した後は体の動きがおかしくなったり痺れだしたりします。上尾で遭遇した交通事故によって負った負傷が完治しないことにより、神経障害が残る症状のことを後遺症と扱っています。なので、事故してから自覚のある怪我だとしても、交通事故治療で完治しなければ後遺症として認識されることになります。
そして、後遺障害は労災や自賠責保険の請求などにおける保険の用語となっています。上尾で負った交通事故で損害賠償を請求するには、交通事故で負った負傷が完治しない上に、その負傷が交通事故によって引き起こされたという事実の証明が必須になります。
他にも、負った負傷の影響により労働能力の低下を伴うものと、自賠責保険の等級認定に該当する症状の負傷であることが条件にもなります。また、交通事故に遭った日に病院で診断を受けないと、交通事故による負傷なのかが判断できなくなります。
なぜなら、元から持っていた症状として扱われる可能性があるので、診断書を作成してもらえないことがあるからです。そのため、因果関係が認められないので、後遺障害に悩まされることになっても損害賠償を受けられない状態に陥ることになります。後遺障害は自賠責保険の請求における保険の用語として扱われますが、後遺症は交通事故で負った負傷が交通事故治療で完治せずに将来でも残る症状となります。交通事故治療の実例です。

Article List

Update List