上尾を始め全国の交通事故治療に関する知っておくべき知識情報

医師

交通事故における後遺障害について

ナースキャップ

後遺障害は、交通事故による負傷の完治が見込めない傷害となります。また、交通事故による損傷は、かすり傷で済む場合と緊急治療のために救急搬送される重傷というように、損傷の程度の差があります。ちなみに、交通事故で負う主な負傷は、打撲や捻挫や骨折になりますが、症状が明らかならすぐに病院に向かうのが重要となります。
なぜなら、交通事故に遭った当日に病院へ行って診断を受けて治療を受けるだけでなく、診断書をもらうのがポイントになるからです。また、診断書がないと損害補償の請求が行えないので、後々の揉め事に発展しやすくなります。
他にも、保険会社への保険金請求や加害者との示談交渉に診断書が必ず必要となります。診断書がない状態だと、人身事故だと伝えても人身事故として扱われないことがあります。ちなみに、後遺障害は交通事故で損害賠償の対象になるような場合、後遺症と違う意味を持ちます。
後遺症は、交通事故による負傷が完治せずに、症状が残ってしまう状態を現します。けれども、後遺障害は労災や自賠責保険の請求で用いられる保険の用語となっています。そのため、後遺障害の損害補償の請求を行うには、交通事故で負った負傷がこの先完治しないと見込まれることが必要となります。交通事故による損傷として、後遺障害と後遺症は損害補償の対象になる際に異なる意味合いを持っています。

Update List